FXで儲けて美容に投資!

FXで儲けて美容に投資!

自宅でできる、美肌に関する豆知識について。

30代女性です。私は20代の頃、フェイシャルエステサロンが大好きで、月1は必ず通っていました。しかし、出産後から育児に追われ、エステに行っている暇がなくなりました。そこで、自宅でできる美肌ケアを始めました。その一部をご紹介させて頂きたいと思います。

 

1、食生活を改善する。
まず、食生活を改善しました。昔は、好きな物を好きなだけ食べてしまう方だったのですが、美肌のため、バランスのとれた食事を心がけました。まず、野菜や果物など、食物繊維を積極的にとり、腸の動きを良くしました。次に、納豆や豆腐など、発酵食品を接種しました。それまでおやつにお菓子を食べてしまっていたのですが、おやつには果物を食べるようにしました。

 

2、サプリを服用する。
美肌に導く為には、様々な栄養素が入っているサプリメントを接種することです。コラーゲンやビタミンCだけではあまり効果的ではないそうです。そこで薬局で、マルチビタミンサプリを購入し、毎日飲むようにしました。

 

3、スキンケアを怠らない。
それまでは、毎月エステに行っているからと、自宅でのスキンケアを怠りがちでした。しかし、エステに行けなくなった今、自宅でのケアを徹底的に行うようにしました。まず、入浴時オイルでクレンジングする際に、毛穴の汚れまできっちりとれるようにマッサージしながら行いました。続いてぬるま湯で洗顔します。入浴後のスキンケアは、まず導入剤を使用し、肌への吸収力を高めます。続いて乳液と化粧水をたっぷり含ませ再び軽くマッサージしながら馴染ませます。美容液とアイクリームを塗り、週1回は必ずパックでスペシャルケアをしました。

 

上記の方法を行い、私は今のところ美肌を保っていると自分では思っております。久しぶりに同年代の友人に会ったりすると「お肌いつも綺麗だね」と言って頂けます。これからも自宅でのケアを頑張り、美肌を維持したいです。
個人的にはプラセンタサプリ 比較などのサイトも参考にしているので興味がある方はどうぞ♪

 

冷やしても小さくならない毛穴

 

毛穴を小さく目立たないようにするため、洗顔後、冷水や冷やした化粧水で肌を引き締めていませんか?
実は毛穴が引き締まるのは、その時だけで持続しないんです。
一時的に筋肉が引き締まって、毛穴が小さく見えるだけで、体温があがるにつれて、毛穴は元のサイズに戻ってしまいます。
私もそのことを知らない時は、冬でも、ぬるま湯で洗った後、締めに冷水で仕上げていましたが、効果は感じませんでした。
さらに、その頃は氷で引き締め効果という情報も耳に入れていたので、保冷剤を直接、毛穴にあてていたこともあります。
これは、皮膚の弱い私には危険な方法だったようで、赤くなって、ヒリヒリする肌トラブルを招くことになってしまいました。

 

また、汚れの残った状態で、冷水を使用しても毛穴の中で角栓が詰まってしまいます。
それに、冷水で引き締めた毛穴は洗顔直後はふさがっているので、化粧水や乳液が浸透しにくくなっています。
悪循環だと思いませんか?
「これで、毛穴ケアはバッチリ」と思っていても、実は毛穴にはこちらの努力は届いていないのです。
毛穴を目立たなくするには、たっぷりの化粧水と乳液を毛穴に浸透させていくことが効果的です。
そのためには、毛穴をふさいでしまっては、意味がありません。
しっかり泡だてた洗顔料でやさしく汚れをおとします。
その後、たっぷりと肌に潤いをあたえることで、毛穴が水分で潤い、ふっくらし、目立たなくなります。
このように、毛穴を引き締めるというよりは、潤いを与えていくことのほうが、毛穴には効果的だと思います。

 

 

美肌ケアのために♪マッサージのコツ

 

女性も30代を超えた辺りから、お肌がだんだんと緩んできてたるみ・シワなどの悩みが増えていきます。
ハリがあって若々しいお肌を保つために有効なのがマッサージなのですが、自己流で力を入れすぎてしまったり
早く効果が欲しくてついついやりすぎてしまったりすると、シミや黒ずみ・シワの原因となり
かえってお肌の悩みを悪化させることになりかねません。
特にお顔の皮膚はとても薄いので、優しくマッサージすることが大切です。
基本的には下から上へ、親指を除いた4本の指で軽く押さえて撫で上げます。
この時、1cm指を移動させるのに1秒くらいかけて、とにかくゆっくりとソフトに行う事が大切です。
ほうれい線を解消するために、こめかみに向かって直接しわを伸ばしてしまいたくなりますが、
これもあまりしつこく行うと逆効果です。ほうれい線対策には、もうすこし顔の輪郭に沿って
あごからこめかみの方向へ5回位撫で上げ、頬全体を引き上げるようなマッサージが効果的です。
また、ボディのケアには揉みほぐしやパッティング(手でペチペチとやさしく叩く方法)がありますが、
こちらも赤く腫れる程行ったりすると別の肌トラブルの原因となってしまいます。
基本的にはお風呂上がりなど体が温まっている状態で、マッサージオイル等を塗って
お肌の負担を軽くしながら各パーツ1分位の時間で行いましょう。
美肌のためのケアにはやりすぎは禁物です。ソフトなケアを習慣化して
日々の悩みを軽くしていきましょう♪

 

 

最初は小ロット

 

FXトレードを始めたばかりの時は、トレードの実力が付くまでは出来るだけ小ロットでトレードするのが良い。
理由は2つあって、1つ目は初心者がいきなりFX口座にな十万円も入れてレバレッジ25倍でトレードし、ビギナーズラックで勝ってしまうと、本人にまだ実力がついていないのにも関わらず、その後も同じロット数でトレードを繰り返してしまう。そうすると負け始めてくると当然損失の額も大きくなるため、資産は減り始める。
やはり自分の実力が付くまでは、デモトレードから初め、その後は本当に小ロット、例えば1回のロスカットで数百円、数千円レベルのロット数でトレードを繰り返し、自信がついてきたら徐々にロット数を上げてくのが良い。

 

2つめは、ロット数が大きいと勝ったときの利益も大きいが損失の金額も大きい。それを考えると、冷静な精神状態でトレードが出来なくなる。
本来なら勝てる場面でトレードを見送ったり、いつも負けてる場面でまたエントリーしてしまったり、自分自身のトレードが出来なくなることが多くなってくる。
解決策は1つ目と同じで、常に自分が冷静でいられるロット数でトレードをし、慣れたら少しロット数を上げていく。これを繰り返してロット数を上げれば、冷静な状態で常にトレードが出来る。

 

FXでギャンブル性を求めるならば、勝ち負けにこだわらずロット数を上げてトレードしても良いが、勝ち続けたいなら自分の身の丈に合ったロット数でトレードするのがベストである。

最近はサラリーマンでもなかなか定期的に給料が上がることがなく、そして、会社が100%安泰という会社が少なくなってしまって、何か副業などをおこなって新しい収入源を得ようと考えている人が沢山います。
アルバイトなども考えられますが、そのような副業は会社で禁止されていることが多く、なかなか行う事ができません。
やはり、自分のお金に働いてもらうということが一番の方法です。そしてそれは投資という形になってきます。
投資には株や投資信託など、実に沢山の種類がありますが、今、一番人気があって流行っているものはFXです。
このFXというものは外国為替の差益を狙って、その差を利益として得ていくものですが、インターネットやスマートフォンの普及によって簡単に取引ができるようになったことから一気に普及するようになりました。
私も3年ほど前から始めていますが、最近になって、やっと少しですけど安定して利益を得ることが出来るようになりました。
そもそもFXの魅力はレバレッジを効かせて少ない資金でも大きく儲けることができる点にありますが、これが落とし穴でもあって、少しの値動きで一気に損を出してしまうわけです。
私も初めのうちは少ない資金で動きの激しい通貨を買って、一気に損失を膨らませてしまいました。
今では、着実に勝つ事を考えて取引を行っていますが、これには最初の負けがあったからこそ、たどり着いたのだと考えています。
何事も失敗に勝る経験はないですからそこから何を考えるかが重要になってきます。

続きを読む≫ 2015/04/13 08:57:13

まだFXを初めて間もないころ。ある日の夜、ドル円でエントリーし、その後数時間順行してくれたため、利益が増えていった。増えていくポジションの利益の数字を見て「今日も楽勝だな」と思った。
その日のうちに利確しても良かったが、気を良くしたせいか「このまま持ち続けてもっと利益を増やそう」と思った。この当時はデイトレのみを行っていたため、ポジションを翌日に持ち越すということはしたことがなかった。
軽い気持ちでポジションを翌日まで持ち越すことを決め、期待に胸を膨らませてベットに入った。

 

翌日の朝。起きてすぐにポジションの確認をした。

 

ポジションの損益の数字が赤くなっていた。
しかもポジションは自動的にロスカットされていた。

 

就寝したあと大きく逆行していて、最終的には強制ロスカットになっていたのだ。
このとき自分でロスカットの設定はしていない。そんなことは考えもしなかった。

 

なぜ損益の数字が赤いのか?なぜポジションが勝手にロスカットされたのか?
そのときは頭が真っ白になり、何も考えられなかった。

 

これが人生初の強制ロスカットであり、ロスカットの大切さが最も感じられたときだった。

 

その日以来、エントリーするときは同時にロスカットの設定もしている。その値まできたら自動でロスカットしてくれるよう設定することが身に付いた。

 

あのときの経験がなかったらロスカットの重要性にまだ気づけなかったかもしれない。
同時に、人間というのは失敗して初めて本気で気づくものなんだなと実感した1日であった。

続きを読む≫ 2014/06/17 14:00:17

多くのFXトレーダー達が一度は思うこと。それは「勝てる手法は何か?」とうことではないでしょうか?
ネットや書籍を見れば様々なFXトレードの手法が公開されています。一見同じような手法でも小さな部分で少しルールが異なったり、トレード手法は本当に千差万別であります。

 

そんな中でまだ勝てていないFXトレーダーたちは絶対に勝てる手法というものを探してネットをあさり始めます。しかし、見つけた手法を自分で試してみてもなかなか勝てない。なぜでしょうか?

 

ネットで公開されている手法は、それを公開しているトレーダーが自分で何度も検証と実戦を繰り返し身につけた自分の武器であり、それを他人が少し見ただけでは使いこなすことは難しいでしょう。

 

大切なことは手法を自分の武器にすることです。そのためには一つの手法を見つけたら、自分で過去検証をし、癖やパターンを見て、実戦で使用し、それを繰り返すことでだんだんと自分と手法がシンクロしてきて、手法が自分だけの武器になっていきます。

 

手法の良さやパターンなどは言葉や画像だけでは全てを伝えきれず、結局は自分の目と手を使って手法を身につけなければ、手法の効果を十分に発揮出来ず、「この手法は使えない、じゃあ次」
といったように次から次へと手法を乗り換えて、手法が身に付かないまま抜けられない無限ループへ突入してしまうというわけです。

 

まずは色々な手法を試しに使ってみて、自分の性格に合いそうだと感じたときはその手法だけに絞って、あとはひたすらその手法を磨き、自分だけの武器にするとこが、勝つための一歩になると思います。

続きを読む≫ 2014/06/17 14:00:17
ホーム RSS購読 サイトマップ